{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

ホントに歩く中山道 第11集 和田峠<男女倉>〜八幡+初期中山道(桜沢〜下諏訪)

1,298円

送料についてはこちら

第11集 和田峠<男女倉>〜八幡(27.7km)+初期中山道=桜沢〜下諏訪(22.7㎞) 【通過する宿場=和田・長久保・芦田・望月 初期中山道(桜沢・小野・岡谷・下諏訪)】 2021年6月6日発行 ISBN9784938643966 C0326 和田峠は中山道随一の交通難所だ。男女倉口からの計画も、しっかりと。信州佐久に入った茂田井は、白壁と土蔵造りの町並みが人気だ。 本集に、木曽と下諏訪を結ぶ近道ルートの初期中山道も収載。 No.41 和田峠(男女倉)〜和田(9.1㎞) No.42 和田〜芦田(9.5㎞) No.43 下諏訪〜樋橋(9.4㎞) No.44 初期中山道(桜沢〜小野〜下諏訪)(22.7㎞) 【コラム41】和田宿本陣の焼失と復元 【コラム42A】小野が二つで、両小野が残る(初期中山道・小野) 【コラム42B】蚕と岡谷と地図記号(初期中山道・岡谷) 【コラム43】書の里・望月 比田井天来生誕の地 【資料】初期中山道概略図 ★マップ№41,42(長和町部分)は、1万分の1地形図がないため、2万5千分の1地形図を拡大しています。 ★マップ№44初期中山道は、11764分の1(1万分の1地形図を85%縮小)で収載しました。 『ホントに歩く中山道』について 69次を途切れなく、1万分の1地形図でつなぎます。「五街道」は日本橋を起点としたので、江戸から京都への方向が一般的ですが、弥次・喜多さんが江戸から京都・大阪へ向かい、帰路は中山道を歩いたように、本書では、西→東のコースにしました。蛇腹の地図は、どちらの方向でも全く同等に利用できます。東から歩く人も、ぜひご利用ください。 ◉B6判変型(新書判)、蛇腹折マップ4枚セット ◉マップ1枚の長さは1m。持ち運びが便利 ◉1万分の1縮尺(1㎝が100m)の地形図を使用 ◉裏面に詳細解説、マップ下に多数の写真 ◉沿道文化のコラムを、各マップごとに収載 ◉土地の名物情報や、写真と現地の確認もしやすい。 ◉編集部が実際に何度も歩いて作っています。

セール中のアイテム