{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

強くて楽しいキューバ ─カストロの国の体験記

2,750円

送料についてはこちら

戸部良也 著 発行:風人社 仕様:四六判 上製本312頁 定価:本体2,500円+税 2005年2月25日発行 ISBN9784-938643-20-1 C0075 ★日本図書館協会選定図書 ヘミングウェイが魅せられたカリブ海の美しい国、キューバ。 日本のプロ野球はもちろん、ドミニカなど中南米、台湾、韓国の野球を取材し続けてきた第一人者の著者が、十数年の取材で見てきたキューバの国民生活、スポーツ学校、そしてオリンピック金メダルの野球を語る。 キューバへ行きたくなる本。 戸部良也(とべ・よしなり) 1934年石川県生まれ。 ノンフィクション作家。 日本やアメリカはもちろん、キューバ、ドミニカなど中南米から台湾、韓国、中国などの野球を中心としたスポーツを取材。日本文芸家協会会員、アメリカ野球学会会員、中華職業棒球(台湾プロ野球)顧問。 主な著書は『堤義明は何を考えているか』『白球の星を追え』『村田兆治・男のマウンド』『燦いた男たち プロ野球戦後人物史』『熱将 星野仙一』『怪物伝説 松井秀喜』など多数。 ベストセラー『遙かなる甲子園』は映画、舞台公演、劇画化され、海外で中国語、韓国語訳も出版されている。

セール中のアイテム